l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:アサヒアナハゼ  学名:Pseudoblennius cottoides
 ■魚類
アサヒアナハゼ
体長2cm  飛島ポイント水深6m 2012.04 撮影
● 科名             カサゴ目カジカ
● 一般的大きさ        8〜15cm  
● 観られる時期        春〜秋  

水温10℃の春の海を元気に水中を飛び回る体長2〜3cm程のアサヒアナハゼyg。狩りの名人も幼魚(yg)時代は他の大型の魚に狙われるのか、さすがに群れを作り集団行動しています。岩の隅に群れいるので背景にムツサンゴの黄色を入れるとアクセントになると思います。

アサヒアナハゼ
体長4cm  飛島ポイント水深7m 2010.06 撮影

初春2〜3cmのサイズだったアサヒアナハゼygも4〜5cmほどになります。いっちょ前にチャガラygの群れに突っ込み狩りをしていますがチャガラygの方が一枚上手。マメダワラ(海藻)などで休み、狩りの時には飛行隊の様に背びれや胸びれをバッと広げ飛び出します。この時期が旬です。

アサヒアナハゼ
体長12cm  飛島ポイント水深8m 2009.8 撮影

こいつもハゼの仲間でなくカジカの仲間です。測線の点々点の赤褐色がよく目立ち、測線の下部には白丸の模様がならんでいるのが特徴です。まだ若いアサヒアナハゼは春、チャガラygやウスメバルygの群れに捕食の為突っ込んでいるのをよく見かけますよ。全ポイントで見ることができます。

アサヒアナハゼ
体長12cm  飛島ポイント水深8m 2009.8 撮影
成魚になるとオビアナハゼとよく似ていますがアサヒはアサヒらしくお腹の辺りに白斑が並んでおります。

アサヒアナハゼ
体長10cm  四島ポイント水深10m 2010.10 撮影

アナハゼ類はホント何でも食べる。この日も秋の味覚(?)3cmほどのキジハタygがまさに捕らえられてしまった。このスチール写真では分からないがキジハタyg君、身体を大きく振って対抗していましたが数分後完全に飲み込まれアサヒアナハゼ君何事も無かった様にしておりました。

 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system