l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:ダンゴウオ  学名:Lethotremus awae
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
ダンゴウオ
体長1cm  飛島ポイント水深7m 2011.06 撮影
● 科名             カサゴ目ダンゴウオ
● 一般的大きさ        0.3〜1cm  
● 観られる時期        春  

ホテイウオygと人気を二分する春のアイドルダンゴウオyg。左右の胸びれの間(お腹)に吸盤を持っていて保護色になる岩や石に流されないようにくっついています。日本海庄内での産卵は3〜4月頃、この時期ダンゴウオを始めダンゴウオ科の生物が浅場を目指して移動してきます。一斉に産卵するわけでなく早いもの遅いものと時間差があるので同じ時期でも成長具合の違うダンゴウオygを観ることができます。

ダンゴウオ
体長0.4cm  飛島ポイント水深6m 2010.06 撮影

加茂ビーチとも違うようなダンゴyg、6月ですしね、絶対違う気がする。

ダンゴウオ
体長05cm  加茂ポイント水深5m 2011.05 撮影
頭の天使の輪も消えた個体が多くなってきましたね。イワノカワ(海藻)やアオサにダンゴウオがよく乗っています。うまくバック(背景)との距離があるシーンを見つければ藻がボケて全体が暖かい雰囲気に撮れます。ダンゴウオ君たちも17〜18℃が限界、生息水深も下げもう間もなく徐々に出発ですかね。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system