l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:キアンコウyg 学名:Lophius litulon
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
キアンコウyg
体長3cm 飛島ポイント水深0m 6月撮影
● 科名             アンコウ目アンコウ科
● 一般的大きさ        2〜3c5m  
● 観られる時期        春

深海に住むアンコウの稚魚、正確にはアンコウかキアンコウかは伸びているヒレの数を数えないと分からないのだが腹鰭の長いのに2個の黒色横帯があるのでキカンコウ稚魚にした。山形県付近での産卵はおそらく5〜6月でこのキアンコウは口が開いているので、ふ化して数日しか立っていないということが分かる。6月の水面は付近は要注意!

アンコウyg
体長2〜3cm 加茂ポイント水深5m 2013年6月 撮影
実に数年ぶりの出会い…、しかも6月のビーチ。この時期の潮加減、潮汐、風向のある一定の条件が揃うと深海系魚が観られる確立があがります。

キアンコウyg
卵塊 加茂ポイント 水深5m 2016年5月撮影
毎年5月に流れ着くキアンコウ卵塊(帯)。粘着力のある透明なフワフワ膜に小さな黒い点々、あまりにも小さく何の?当初卵か分からなかった。孵化する6月、キアンコウygをよく目撃することがあり結びついた。いつかはこの点々を拡大撮影撮影したいと思っており、今年ついに撮影できた。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system