l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:クロイシモチ  学名: Apogonniger Döderlein, 1883
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
クロイシモチ
体長4~5cm  加茂ポイント水深5m 2013.08 撮影
● 科名             スズキ目テンジクダイ科
● 一般的大きさ        4~5cm  
● 観られる時期        夏  

日本海では九州以南の内湾の転石の多い砂泥底を好むクロイシモチ。なので明らかに流れ着いたものと思われる。
この日強い西風で透明度は0~1m程とほぼ見えない状態。帰り際KAZUちゃんに教えてもらったこのクロイシモチも水底の巻き上げた砂やゴミでうっすら横縞模様と黒い胸びれ、そして背びれが前後2つに分かれていることだけ。

テンジクダイ科の魚は口の中で卵を守る(口内保育)魚なので大きな上唇が特徴だ。体長の割に目や口が大きかったので種を同定するのにそれほど時間はかからなかった。透明度の良いときにもう一度撮りたいものである。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system