l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:日本海タツノオトシゴ 学名:Hippocampus coronatus
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
タツノオトシゴ
体長4cm 加茂ポイント水深6m 9月撮影
● 科名             トゲウオ目ヨウジウオ科
● 一般的大きさ        3〜5cm  
● 観られる時期        春〜秋

オーストラリアのヨウジウオ科の図鑑を出版されている著名なRudie Kuiter氏は日本海産のタツノオトシゴは頂冠が通常より低く別種ではとお話しされSeaOfJapanSEA HORSEと英名に記載しています。タツノオトシゴは分類が改正になりポイントは頂冠の高低と体の角(トゲトゲ)。水中では難しくなりました頂冠も低くトゲトゲ少ないのでタツノオトシゴのメスです。

タツノオトシゴ
体長1cm 加茂ポイント水深6m 2010.07 撮影

久しぶりにビーチを潜りました。ふっと海藻に目をやると何やら三角形の暗い物体がユラユラ。タツノオトシゴygです。タツの子供は何十匹 と生まれた中から成長するのはわずか数匹といわれています。きっとコイツはそのわずかの1匹でしょう。今まで見つけられなかったyg、隠れきって見つからず大きく育て。
タツノオトシゴ
体長3cm 加茂ポイント水深5m 8月撮影

頂冠の低いオスのタツノオトシゴ。オス?と思われた方も多いのでは、オスは腹部に育児嚢(袋)を持っていて、メスが卵の管を差し込むんです。

タツノオトシゴ
体長4cm 加茂ポイント水深6m 5月撮影

こちらカップルです、手前の白タツがオスで奥の茶タツがメスです。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system