contents l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール

<撮影ダイビングポイント紹介>

加茂マップ

山形県鶴岡市<加茂>
鶴岡市内から車で20分ほどで到着するビーチポイント。
でもビーチとは便宜上使っているが正確には磯場からのダイビングってことになります。
足の立つ水深50cmから徐々に深くなり最大水深は10mほど、平均して7〜8mぐらいの場所での撮影が主。砂地に岩礁が無作為に広がり面白い、砂泥もあり泥を好む生物も観察できるので生物の巾は比較的広いと思う。沖合に波防テトラがあるので少々時化てもダイビングができるので僕は気に入っている。

アネジマ

山形県鶴岡市<アネジマ>
加茂から車で5分ほどにある油戸漁港から地元船で沖合5分にある水中の大きな隠れ岩礁。
海岸から離れているせいかクロダイやメバル、ソイの仲間が根付いており魚影は豊富で型も大きい。水深10mぐらいまでは海藻も多く小型の魚類も多く珍しいウミウシも多く生息あるいは漂着する場所でもある。ワイドかマクロかレンズに悩まされるポイントの1つ。

四島マップ

山形県鶴岡市<四島>
ここの地名が複雑で地区名は「堅苔沢」と言い地域名は「波渡崎」、漁業組合は「豊浦」。
漁協が管轄しているので私は豊浦と呼んでます。海図上は留棹庵島、でも地元ではよつしまとかよつじまと呼び漢字で「四つ島」とも「四ッ島」とも書く方々が多いです。僕は真ん中の「つ」を入れると他のポイント名が2文字なのに3文字になってしまうし字面的にカッコ悪いので「つ」無しの四島と呼んでます。
文字通り四つの小さな島で構成されていてそれぞれ大島、中ノ島、灯台、ウマカジリと名前が付いています。撮影に向いているのは灯台とウマカジリ。藻場や海面類が他の2島と違い圧倒的に豊富だから生物も多種多様。他のポイントには生息していないウミウシや甲殻類なども多い。水深も6m〜25mぐらいまで簡単に取れ季節毎に生息生物も入れ替わるので撮影被写体にはことかかないポイント。

飛島マップ

山形県酒田市<飛島>
酒田港から北に約40km(定期船で1時間30分・アーバン号なら50分)ほど離れている島。
飛島の回りは、マクロ(小さな生物)の宝庫で飛島から西へ10分ほど離れた場所に御積島や烏帽子群島という無人の島があり、こちらはイナダやホンマグロ、サメやヒラマサ、エチゼンクラゲなど大型の群れ系生物が観ることが出来る。また、アラメやホンダワラなど藻のジャングルになっておりそこで生活しているたくさんの小さな水中生物たちが多く観ることができる。北限ではないかと思っているジョーフィシュも生息している。対馬暖流のあたる日本海にポツンとある小さな島なので恐ろしいほど水が綺麗で透き通っている。何を撮っても画になるので水中で時間を忘れてしまう楽しいポイントです。


※ここに掲載してあるポイントは山形県漁業協同組合(本所:酒田市)との文書による許可が必要です。
個人では潜らずにダイビングは最寄りの漁協公認許可された安全なダイブショップを利用ください

  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system