l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:ツルガチゴミノウミウシ  学名:Favorinus tsuruganus
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
ツルカチゴミノウミウシ
体長0.6cm  四島ポイント水深8m 2009.9 撮影
● 科名             裸鰓目ミノウミウシ亜目アオミノウミウシ科
● 一般的大きさ        0.5〜1cm  
● 観られる時期        晩夏〜秋  

パッと見コソデウミウシと背面突起が似ていますが、触角は大きく黒く、白い体色に背側突起は橙色。とは言え背側突起(ミノ)の色は消化腺が透けて食べたものの色になるのだ。四島でこの時期希(2009年は多い年だった)に観ることができます。他のウミウシの卵を探しているのか岩場や海藻を移動していることが多い。かわいい感じのウミウシだが他のウミウシの卵塊をエサにするハンターでもあるのだ。

ツルガチゴウミウシ
体長0.6cm  四島ポイント水深8m 2009.9 撮影

こいつは、他のウミウシの卵塊を食べていました。

ツルガチゴミノウミシ
体長0.6cm  四島ポイント水深10m 2009.10 撮影

集団で卵塊(おそらくクロシタナシウミウシの)を食べています。

ツルガチゴウミウシ
体長1.5cm  四島ポイント水深8m 2009.10 撮影

白い卵ばかり食べていたんでしょうね、背側突起の消化腺が白くなっているツルカチゴウミウシ。しかも突起にスリムな感じはなくボテッと太くなっちゃって…完全に食べ過ぎ!メタボってます。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system