l TOP l FISH l SEASLUG l JELLYFISH l CRUSTACEA l OTHER l SPECIAL COLLECTION l

 contents 和名:イトヒキウミウシ  学名:Pseudobornella orientalis
 魚類
 ■ウミウシ
 クラゲ
 ■甲殻類
 ■その他
 ■スペシャル
 ■撮影地紹介(ダイブポイント)
 ■撮影者紹介
 ■リンク
 ■メール
イトヒキウミウシ
体長0.8〜1cm  加茂ポイント水深7m 2016年5月 撮影
● 科名             裸鰓目スギノハウミウシ亜目ユビウミウシ科
● 一般的大きさ        0.3〜1cm  
● 観られる時期        春 

山渓の図鑑にはきわめて希な種と記してあったがほぼ毎年初春に見ることができているウミウシ。でも、こいつは確かに神出鬼没。砂地にいるかと思えば海藻にいたり…。海藻も枝葉だったり広葉だったり…と好みが多すぎで水中ガイドがこんな言い方をしたらいけないが出会えたらラッキーぐらいなウミウシ。体色は透明で、触角は2段になっていて1段は先端が3つに分かれていて2段目から名前の通り長い糸状になっている。この糸状の触角は伸びたり縮んだりしますから糸がないとスギノハウミウシと間違えそうです。

イトヒキウミウシ
体長0.3〜0.4cm  加茂ポイント水深5m 2016年5月 撮影

2016年イトヒキ出てきました。これは上のとは違う個体でかなり小さい。向かって左側の触角から「イト」がかすかに出ています。

本日もいい海でした
  アーバンスポーツダイブセンター
  〒997-0802
  山形県鶴岡市伊勢原町26-3
  tel 0235-25-5060
  fax 0235-25-5061



【おことわり】扱いやすくなじみやすい総称として表記、 また身近な言葉で表記したく「門」や「網」などは省略しています。

Copyright(C)2008-2009 UrbanSports All rights Reserved
inserted by FC2 system